介護レンタル.com:フランスベッドの介護用品レンタルサービス

選び方・ポイント

車いすの選び方

車いすの選び方

車いす選びのポイント

1.スムーズな移乗・移動・外出で身体機能を向上

寝たきりを予防するためにも、離床が大切です。ベッドから車いすに移乗し、トイレ、食卓、 居間への移動や散歩に出るなど、日常生活を広げていくことで身体機能向上はもとより、 精神的な自立度のアップにもつながります。

  • 車いすに移乗

    移乗をスムーズにするには、アームの跳ね上げや着脱など機能付きのものが便利です。

    車いすに移乗 イメージ
  • 食卓やトイレ浴室へ移動

    動線の幅、ドアの開閉方式、段差や家具などの障害をチェックします。

    食卓やトイレ浴室へ移動 イメージ
  • 居間に移動

    楽な姿勢がとれ、安定感や利用時間などを考慮に入れて、座り心地を確かめます。

    居間に移動 イメージ
  • 外出

    外出する前に、悪路、坂道、障害物、人込み、トイレなどを確かめることも大切です。

    外出 イメージ

2.車いす各部の名称とサポート機能

車いす各部の名称 イメージ

フィッティングのポイント

  • フィッティングの見方

    1、座面の幅はお尻の両側に2~3cmずつの余裕を。 2、膝の裏側から座面のシートまで4~5cmの余裕を。
    3、座面の高さを合わせる <手でこぐ場合>手で工藤する場合は、おろした手の先が車軸につく高さです。 <足でこぐ場合>足で駆動する場合は、膝を直角に曲げたときに足の裏が床にしっかりつく高さです。
    4、フットサポートの長さ、前後、角度を調整します。5、アームサポートは肘をムリなく曲げた高さを合わせます。
  • 車いす各部サイズの見方

    車いす右側面 イメージ
    車いす正面 イメージ
    車いす折りたたみ イメージ

その他チェックすべきポイント

●ご利用の目的は?
  • 車いすでどこに行くか?
  • 車いすの使用場所は?屋内か、屋外か?
  • 使用時間はどの位か?短時間か、長時間か?
●介助者の状況は?
  • 車いすの操作能力は?
  • 介助できる時間はどのくらいあるか?
  • 介助者の体力は?
●住まい環境は?
  • 行動範囲は?
  • 通路の幅は十分あるか?
  • 床の段差はどのくらいか?
  • 部屋の広さはどれくらいあるか?

ラインナップ

お身体の状況や使用目的に合わせて選べます

車いすは、大別すると手動式と電動式とに分かれます。手動式には、自走用と介助用とがあります。 自走用は利用者本人が腕の力などを利用して走行し、介助用は後方から操作しながら走行します。

  • 自走用車いす

    後輪が大きめの車いす。ご利用者が自分で操作するタイプです。

    自走用車いす イメージ
  • 介助用車いす

    後輪が小さい車いす。介助する方が車いすを操作するタイプです。

    介助用車いす イメージ
  • 座位変換型車いす

    (ティルト・リクライニング型車いす)背を好みの角度に倒せるタイプ(リクライニング)と、座面と背の角度を変えずに倒せるタイプ(ティルト)があります。

    座位変換型車いす イメージ
  • モジュール型車いす

    自走用/介助用各々の部材を組み合わせて作るため、座幅や座面の高さ、肘掛けの高さなどをご利用者に合わせて変更・調整できます。

    モジュール型車いす イメージ
  • レバー操作型電動車いす

    操作レバー(ジョイスティック)を使って、少ない力で運転できます。

    レバー操作型電動車いす イメージ
  • 介助用標準形電動車いす

    介助する方が電動車いすの運転操作を行うタイプです。

    介助用標準形電動車いす イメージ
  • ハンドル形電動車いす

    ハンドル操作で運転し、時速6㎞以下で歩道を走ることができる上、運転免許は不要です。

    ハンドル形電動車いす イメージ
  • 自走用車いす
    • ・自走用
    • ・介助用
    • ・座位変換型
    • ・モジュール型
    電動車いす
    • ・レバー操作型
    • ・介助型
    • ・ハンドル操作型

目的に合わせて選ぶ

●車いすの動かし方で選ぶ

  • 両腕で動かせる方は ●ハンドリムのついた自走用の車いすを。「CRT-1-CZ」「nomoca」「テッタラ」
  • 片手、片足で動かせるかたは ●座面の高さの低い低床型を。●レッグサポートの着脱ができるタイプ「ネクストコアミニモ自走用」「M4キングス」
  • 片手、片足で動かせるかたは ●座面の高さの低い低床型を。●レッグサポートの着脱ができるタイプ「CRT-2-CZ」「MEF-16イージーフィットハイタイプ」「軽7α」

●座ったときの姿勢で選ぶ

  • 座位を保つことができる方は ●身体のサイズに合った車いすを。●背もたれ・クッションが快適なタイプ。「nomoca」「ライラックFB」「CRT-2-CZ」
  • 姿勢がくずれやすい方は ●座位の保持に配慮したモジュール型の車いすを。「座王」「MEF-16イージーフィットハイタイプ」「ネクストコアミニモ自走用」
  • ご自分で姿勢を変えられない方は ●リクライニング・ティルト機能のある車いすを。「オアシスFB」「M1-ティルトStyle」「ネッティα FB」

●ベッドへの移動方法で選ぶ

  • 立って移動できる方は ●立ち上がりやすい座面高で、座面の角度がきつくないものを。「テッタラ」「セーフティオレンジ」「ネクストコアミニモ自走用」
  • 座ったままなら移動できる方は ●ひじ掛けやフットサポートの取り外しができるものを。「横移動車いすサイドウェイ」「ライラックFB」「M4キングス」
  • 井戸に介助を必要とされる方は ●車輪の小さな介助用車いすを。●ひじ掛けが取り外しできるタイプ。「Rj-360」「ネクストコアミニモ介助用」「ウルトラ介助用」
おすすめの車いす
体格・症状に合わせて調整可能
MEF-16 イージーフィット 介助型 ハイタイプ CJ00949 RD
MEF-16 イージーフィット 介助型 ハイタイプ CJ00949 RD
レンタル価格:7,000円(非課税)

体格・症状に合わせた調整が簡単な新モジュール車いす。姿勢が安定する「立体スリングシート」を採用。

商品カテゴリ

ページトップへ