介護レンタル.com:フランスベッドの介護用品レンタルサービス

選び方・ポイント

入浴補助用具の選び方

入浴補助用具の選び方

入浴補助用具選びの
ポイント

  • 1.移動の手助け

    ご利用者が安全に動けること

    移動の手助け イメージ

    つかまり歩きができる「手すり」や、浴槽の底までの段差を減らす「浴室内いす」など、 補助用具をご利用者の身体の状態に合わせて活用すれば安心して移動できます。

  • 2.すべり止め

    安心して入浴できること

    すべり止め イメージ

    浴槽内での転倒などを防止する「すべり止めマット」を利用すれば入浴も安心です。

  • 3.サポート

    介助者の負担が少ないこと

    介助者サポート イメージ

    浴室の移動に「シャワーキャリー」を使えば介助者が手伝いやすくなります。

ラインナップ

●手すり

手すり イメージ

足元が滑りやすい浴室へ出入りする際、 壁に手すりがあれば転倒を防止でき、安定性が向上します。

●浴槽用手すり

浴槽用手すり イメージ
浴槽用手すり イメージ

立った姿勢での浴槽への出入りが可能な方に。浴槽の縁に取り付けて使用し、出入りのときに身体を安定させます。浴槽内での姿勢のキープにも役立ちます。

●すべり止めマット

すべり止めマット イメージ
すべり止めマット イメージ

浴槽内に敷くだけで、転倒を防止します。立ち上がりをラクにする効果もあります。

●シャワーキャリー

シャワーキャリー イメージ
シャワーキャリー イメージ

浴室まで歩けない場合に使用します。居室から浴室、浴室内もそのまま移動し、座った状態で身体を洗うことができます。

●浴槽内いす

浴槽内いす イメージ

浴室まで歩けない場合に使用します。居室から浴室、浴室内もそのまま移動し、座った状態で身体を洗うことができます。

浴槽内いす イメージ

●バスボード

  • バスボード イメージ
  • バスボード イメージ
  • バスボード イメージ
バスボード イメージ

浴槽をまたぐのが不安な場合に使用します。浴槽の上に渡したバスボードに腰掛けて身体を回転させて浴槽に入ります。

●シャワーチェア

浴槽内での転倒などを防止する「すべり止めマット」を利用すれば入浴も安心です。

    • 立ち上がりやすい
      高さに調節
    • 身体に合わせて座りやすいサイズを選ぶ
    • 滑りにくい脚
    シャワーチェア イメージ
    • 背もたれで
      姿勢をキープ
    • 肘掛けで安定させ立ち座りも安全に
    シャワーチェア イメージ
  • シャワーチェア 背・肘掛けなし
    背・肘掛けなし

    座った姿勢をキープできる方向け。コンパクトで省スペースです。

  • シャワーチェア 背つき
    背つき

    座面の高さを調整できるタイプが便利です。

  • シャワーチェア 背・肘掛けつき
    背・肘掛けつき

    安定感に優れています。折りたためるタイプもあります。

必要に応じてお選びください
  • シャワーチェア 肘掛けはねあげタイプ
    肘掛けはねあげタイプ

    移乗台としても使えます。

  • シャワーチェア 折りたたみタイプ
    折りたたみタイプ

    コンパクトに収納でき洗い場を広く使えます。

  • シャワーチェア 背・肘掛けつき
    ソフトパッドタイプ

    やわらかい座面で長時間でも疲れにくい。

おすすめの入浴補助用具
浴槽に足が届いて安心
安寿 ステンレス製浴槽台R あしぴた ジャストすべり止めシートタイプ
安寿 ステンレス製浴槽台R あしぴた ジャストすべり止めシートタイプ
販売価格:18,700円(税込)~
折りたたみだから収納に便利
安寿 コンパクト折りたたみシャワーベンチ IC 背付きタイプ
安寿 コンパクト折りたたみシャワーベンチ IC 背付きタイプ
販売価格:22,000円(税込)
折りたたみ幅15cmで最薄 安寿
折りたたみ シャワーベンチ FS
折りたたみ シャワーベンチ FS
販売価格:29,700円(税込)

商品カテゴリ

ページトップへ